MLMは法律で認められた正当なビジネス!その仕組みや意味は?

MLMはそれ自体は違法ではなく、特定商取引に関する法律上の『連鎖販売取引』として一定の規制が適用されます。規制の範囲で行う限り、適正なビジネスであり、ネズミ講と違って犯罪(違法)ではありません。
MLMキャンプでは、そんなMLMを一緒にしてくれる方を募集中です。専業主婦、フリーター、契約社員、正社員、自営業、年金生活者、ひきこもり、とりあえず何かしたい方など、MLMに興味がある・やってみたい方!一緒にやりましょう!そして一緒に成功しましょう。あなたの成功が私達の成功です。

月〜金の平日9:00-17:00
070-2163-7741
にて受付中

MLMキャンプ参加フォーム(24時間受付)

MLMは正当なビジネス

MLMは特定商取引に関する法律上の『連鎖販売取引』として一定の規制が適用され、『連鎖販売取引』に該当するのであれば、禁止行為や義務規定を遵守するように求められ、それに違反するなら「行政処分」を下します、という法制度に則っています。

つまり、以下のような条件をすべて満たす販売形態であれば「連鎖販売取引」とされ、MLMは法律で認められているのです。MLMはしっかりルールさえ守れば、何の違法性もなく問題はないのです。

法律
法律
MLMは法律で認められています。

連鎖販売取引として認められる条件

  1. 物品の販売(または役務の提供等)の事業である
  2. 再販売、受託販売もしくは販売のあっせんをする者を、
  3. 特定利益(紹介料や販売マージン、ボーナス等)が得られると誘引し、
  4. 特定負担(入会金、商品購入費、研修費等の名目で、何らかの金銭的な負担)を伴う取引をする。

つまり、「売り上げに応じて報酬がもらえる」、「新規会員を勧誘してくると、収入を得ることができる」ことを伝えて、販売員を増やしていく仕組みがMLMです。

MLM
MLM

もっとわかりやすく言うと、商品の売上額に対する報酬だけでなく、会員が増えればそれに応じた報酬もプラスされますから、会員が多ければ多いほど、商品が売れれば売れるほど報酬が多くなり、権利的な収入となります。

くどいようですが、「連鎖販売取引」として定義されるMLMは、法律上全く問題がありません。

なぜMLMがネズミ講と同一視されるようになったのか?

MLMはネズミ講と間違えられやすいのですが、それは日本のMLMの発展過程に原因があります。

日本のMLMのプチ歴史
日本のMLMのプチ歴史
MLM≒ネズミ講への経緯

日本でMLM企業が最初に設立されたのは、

  • 1969年のアメリカ資本のスワイプ・ジャパンという説
  • 1968年のエイボン・プロダクツが最初という説

があります。その後、1970年前半に設立された、

  • APOジャパン
  • ホリディ・マジック
  • 邦人資本のジャッカーチェーン

を加えた3社が、当時は「三大マルチ」などと呼ばれたそうです。これらの企業は、

  • 販売登録や昇格するには、その都度高額な「登録料」の支払いが必要だったこと
  • 商品の販売をしなくても販売員をリクルートするだけで「スポンサー料」が得られる仕組みになっていたこと

などの理由から商品の販売というより、人を勧誘する要素が強いという特徴がありました。これらは、多くの若者(後の「団塊の世代」)を中心に爆発的に広がっていったとのことです。

団塊の世代
団塊の世代
団塊の世代を中心にMLMが拡散

商品の販売というよりも、人を勧誘する要素が強いために、強引な勧誘などが多発!
このせいで、この時期に「MLM≒悪徳マルチ≒ネズミ講」という印象が日本人に植え付けられてしまったと言われています。

しつこい勧誘
しつこい勧誘
しつこい勧誘が横行

その後も度々社会問題化し、全国の消費者センターに相談・苦情の電話が殺到する中、悪質業者から消費者を守るために施行されたのが、「訪問販売等に関する法律」や「無限連鎖講の防止に関する法律」です。

消費者センターに相談・苦情の電話が殺到
相談・苦情の電話が殺到
全国の消費者センターに相談・苦情の電話が殺到しました。

苦情の電話
苦情の電話
ネズミ講に騙されたわ!

そしてその後も改正や規制が強化され、2001年に「訪問販売法」は、「特定商取引に関する法律」と改称されました。この法律によって、悪徳マルチ商法と正当なの違いが明確となりました。

悪徳マルチ業者
マルチ≒こんなイメージ
マルチそのものは違法ではありません。

日本のMLMの歴史は約50年。その間にMLMの認知度は上がっています。

ただ、悲しいことに日本では悪徳マルチ商法の横行により、MLM=ネズミ講というイメージがいまだにあり、「正規なビジネス」としての地位を確立しているとは、実際にMLMをしている体験からは言えないという現実があります。

MLMはルールの判断基準がわかりにくい

MLM自体は、違法や犯罪ではありません。とはいえ、それはあくまで「特定商取引に関する法律上の連鎖販売取引」に沿った販売形態のときです。

もし、連鎖販売取引から逸脱するようなことをしてしまえば、それは違法となりますし、悪徳商法といわれることになります。

要はビジネスとして禁止事項があるにも関わらず、ルールを破ってしまうことが違法なのです。

ルールを破る
ルールを破る
他のビジネスと同じように、ルールを破ればMLMは違法となります。

例えば、制限速度40kmの道路で、時速100kmで走ったら、違法ですよね。また、無免許で車を運転しても違法ですよね。それと同じです。

「特定商取引に関する法律」というルールがあるのに、それを破るから違法となるのです。ただ、MLMはそのルールの判断基準がわかりにくいのです。

簡単に言えば、制限速度が本当は40kmの道路なのに、ルールが複雑だったりして、速度制限が何kmの道路なのかあいまいにしか把握できず、なんか60kmで走ったいたら、違法として違反切符を切られた。

こういう事例が多く、MLMが違法のビジネスだと思われていたりします。

特定商取引に関する法律の判断基準がわかりにくく、曖味になっていて、MLMを怪しく見せる原因の一つになっています。

そして、自分が紹介しているMLM、もしくは、知人から紹介されたMLMが違法なのか合法なのかの区別は、その会社が提供しているMLMの仕組みだけではなく、勧誘のやり方にもよるので、自分で判断できないことが多いです。

ただ、健全なMLM企業であれば、仕組みで問題になることはほとんどありません。

MLMキャンプが行っているアロエベラのMLMは、フォーエバーリビングリビングプロダクツジャパンという35年の歴史がある会社です。企業としては何の問題もありません。

となると、問題になってくる場合というのは、勧誘のやり方ということになります。この勧誘のやり方を特定商取引に関する法律のルールを逸脱しないようにしないと違法ということになります。

まとめますと、MLMはそれ自体は違法ではなく、特定商取引に関する法律上の『連鎖販売取引』として一定の規制が適用される。
(要は車で道路を走りたいなら、ルールを守って走ってね。ということ)

でも、そのルールが分かりにくく、ルールを破ったり、ルールを破っているような方から勧誘されたりして、MLM≒違法?という誤解が蔓延

MLMキャンプはルールを守り、健全にMLMをしています。一緒にやりましょう。

特定商取引に関する法律で規制されていること

MLMで問題になるのは、特定商取引に関する法律というルールを守らない場合です。
(ちなみに、商品の価格が商品価値や市場価格と比べて、異常に高額な場合も問題になりますが、まともなMLM会社であれば、そのようなことはまずありえません。)

ではそのルールにはどのようなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

  • 契約の締結時には、必ず書面での取引が義務(証拠を残すため)
  • 次の事項を『赤枠の中』に8ポイント以上の『赤字』で記載すること
    ア『書面をよく読むべき』
    イ『クーリングオフの事項』
  • 広告への一定事項(商品の金額や販売者の氏名、役務に対しての支払額など)の表示義務
  • 誇大広告(「誰でも稼げる」など)の禁止
  • 不適切な勧誘行為(事実の隠蔽、不実の告知、威迫困惑行為など)の禁止
  • クーリングオフ(20日間)の義務化
  • 途中で解約することができる権利の付与によって、一定の条件をクリアすることで、一定額(購入価格の90%相当)の返金を可能とする
  • 執拗な勧誘の禁止
  • 勧誘するときに言ったことと、実際の内容が異なる
  • 「Aさんは10日間で30万稼ぐことができた」など、第三者の体験談を交えての勧誘の禁止

このように、規制が非常に細かいところまで決められているのがMLM=「連鎖販売取引」です。

これらのルールを守れば合法です。中には、このような規制があることを知らないで、販売したり勧誘したりしているケースもあります。しかし、知らなかつたからといっても、悪意がないだけであって、違法であることには変わりはありません。

悪意
悪意
悪意があるのは論外ですが、悪意がなくてもルール違反をすれば、それは違法であることに変わりません。

「当事者の認識」とは関係なく、客観的にルール違反に該当すると「連鎖販売取引」として規制が適用されます。「うっかり違法」という状況となってしまうことが問題なのです。

改めて、MLMの特徴を挙げてみます。

  • 商品の取引(販売など)を目的としている
  • 商品価値のみならず、他者を勧誘することにより利益が入ってくることを含めて勧誘する
  • 加入する際は、特定の負担(商品の購入など)が必要である
  • やらなければいけないこと、やつてはいけないことの規制がある
  • 基本合法であるが、これらに違反すると違法となる

では、ここからは、具体的に解説していきます。

最初に知っておくべき大事なMLMルール

MLMも普通のビジネスと同じように守るべきルールがあります。MLMをする・したい方は、最低限これだけは知っておきましょう。

MLMを始めるとき、まず友人や知人と会うためアポイントを取ることが必要です。その最初のステップで、とても大事なルールが存在します。

それは、MLMではアポイントを取るときに目的を告知する義務があるということです。

「久し振りに食事でもしない?」などと、取りあえずアポを取って、会ったときの様子を見てビジネスの話をしよう、というのは違法になってしまいます。

ビジネスの勧誘であるということを言わないで(隠して)、アポを取ることは、後出しMLM・ネットワークといわれ、特定商取引法では違法行為とされています。

特定商取引法では、気楽な言葉で誘うことは、「勧誘目的の不明示」に違反する行為に当たります。勧誘する前に、

  • 自分の氏名
  • 主宰企業の名称
  • 商品の種類
  • 金銭的な負担を伴うビジネスヘの勧誘が目的であること

を伝えることが義務付けられています。しかし、商品だけを薦める場合は適用されません。ですから、まずは商品のみを薦めるという方法もあります。

愛用者や愛飲者としてだけではなく、「ビジネスを紹介しよう」との意思を持ってスタートした瞬間に、みなさんは特定商取引法の規定を遵守しなくてはならないのです。

ビジネスルール
ビジネスルール
MLMも、他のビジネスと同じように、守らないといけないルールが存在します。

その他にもいろいろなルールがありますが、まずはこれだけは最低限覚えておきましょう。



MLMが違法(問題)になるときには、二つあります。

一つは、会社のシステムの問題です。(MLMキャンプが所属しているフォーエバーリビングプロダクツには何の問題もありません。)

もう一つは、会員が特定商取引法のルールを守っているか、という点です。

もちろん、ほとんどの会員が気を付けて活動をしているのは間違いないでしょうが、ごく一部のメンバーにオーバートークをする人や薬機法違反をする人がいたら、大きなトラブルに発展する可能性もあります。

企業側としては、会員が無知から起こしたことであっても、違法であることには違いないので、そのようなことがないように教育する必要があります。

また、MLMをするなら、最低限のマナーやルールは覚えないといけません。

ルールを学ぶ
ルールを学ぶ
MLMの最低限のマナーやルールは覚えましょう!

MLMの悪・グレー・合法の最終決着

MLMは特定商取引に関する法律上の『連鎖販売取引』として一定の規制が適用され、ルールを守る限り、法律上の何の問題もなく、正当なビジネスであることをお話しさせて頂きました。

また、そのルールが複雑であいまいだったりするので、ルール違反が起きやすく、いわゆる違法行為になってしまいやすいこともお話しさせて頂きました。

ただ、ルールを守る云々に限らず、もとから違法(ネズミ講)なものと、グレー(悪徳マルチ商法)なものもあります。

ネズミ講・悪徳マルチ商法・MLMを比較すると以下のようになります。

商品・サービス
ネズミ講 : なし
悪徳マルチ商法 : 事実上なし(高額・粗悪品で価値がない)
MLM : あり

ネズミ講
ネズミ講
ネズミ講には商品がありません。

収入
ネズミ講 : 先に始めた人勝ち
悪徳マルチ商法 : 先に始めた人が有利なケースが大半(数か月で倒産もめずらしくない)
MLM : 後先関係なく、頑張った人が収入を得る(収入の逆転がある)

倒産
倒産
悪徳マルチ商法の会社は数か月で倒産もめずらしくない

法律
ネズミ講 : 違法(無限連鎖防止法)
悪徳マルチ商法 : グレー(被害者が出ると取り締まりの対象となる)
MLM : 合法

特徴
ネズミ講 : マネーゲーム
悪徳マルチ商法 : 特定商取引に関する法律等の違反、ノルマ、強引な勧誘
MLM : 法令順守、ノルマなし、ビジネスする・しないが自由、ほとんどの方が商品愛用者

自由
自由
MLMでビジネスする・しないも自由。ビジネスで成功を目指し、人生の自由を目指すのもありです。



MLMキャンプではフォーエバーリビングリビングプロダクツジャパンのアロエベラジュースを中心とした、健康食品や化粧品のMLMをしています。

一緒にやりましょう。あなたの成功が私達の成功です!

なぜMLMなのか?

MLMやといった言葉を一度は聞いたことがある方は多いと思います。現在、MLMの認知度は上昇しています。

ただ、合法ビジネスなのに、日本ではマルチ悪徳商法やネズミ講として認識されている方が多く、MLMをしている体験から申し上げますと、「正規なビジネス」としての地位はまだ獲得出来ていない感は否めません。

しかし、グローバル社会といわれる今日において、世界的にみると、MLMは急成長・急拡大しています。世界の潮流を考えると、偏見根強い日本においても、今後MLMは拡大していくと予想しています。


世界で拡大するMLM
世界で拡大するMLM
世界的にみると、MLMは急成長・急拡大しています。

MLMは魅力的なビジネス?

MLMをなぜ勧めるのかと言いますと、MLMは以下のようなメリットがあり、とても魅力的なビジネスだからです。

(ちなみにMLMキャンプでは30年の歴史を誇るフォーエバーリビングプロダクツで提供している、アロエベラジュースのをしています。他のは知りませんので、厳密に言うとフォーエバーリビングプロダクツが提供しているアロエベラジュースのでのメリットとなります。ただし、ここで述べるメリットは他社でも大きくは変わらないと思います。)


MLMのメリット
MLMのメリット
  • ビジネスを始めるにあたり、初期費用が安い(数万円でスタートできる)
  • ビジネスを継続する費用も安い(在庫や店舗を持つ必要がない)
  • リスクが少ない(副業としてスタートすることも出来る)
  • 定年がない
  • ノルマがない(いつでも休むことが出来るし、いつでも再開することが出来る)
  • 成年であれば誰でもスタート出来る
  • 高齢者でもビジネスをしやすい(むしろ高齢者のほうが向いているとも言える)
  • 学歴や能力、経歴などはほとんど関係ない(その代わり人間性は重要)
  • 一緒の目標やテーマをもったコミュニティに参加できる
  • 色々な勉強会やセミナーに参加できる

など、人によっては他にもたくさんあるかと思います。

MLMは公平

MLMには学歴は関係なく、一度失敗してしまった人や、家柄が不遇の人、身体的にちょっとした障害がある人でも、本人のやる気や努力でいくらでもチャレンジでき、大きな成功を目指すことが出来ます。

学歴
学歴はあるに越したことはないと思う
でも、MLMに学歴は必要ありません。

学歴社会が崩壊したとはいえ、まだまだ一般企業に勤める際には、学歴で判断する・判断されるという現実があります。また、社会生活において、学歴が全く不要ということもないでしょう。

しかし、MLMに学歴はいりません。学歴で成功を収めるには一般的に言えば、18~19歳ぐらいまでの努力でしょう。

MLMは違います。今日・今、このサイトを見ているときからの頑張りでどうにでもなります。

ファイト
ファイト
やる気があればいつからでも頑張れます。

MLMキャンプは以下のような方を募集しています。

  • MLMに興味がある方
  • 年金の足しにMLMを始めてみたい方
  • 副業としてMLMを始めてみたい方
  • MLMにすべてをかけてみたい方
  • 人生や生き方を変えたい方
  • 成功したい方
  • お金を今よりたくさん稼ぎたい方
  • 自分の人生を自分の力で切り開いていきたい方
  • 定年退職して他にやりたいことがない方
  • 将来的には自分の起業を考えているが、リスクの少ないMLMでまずは起業を経験してみたい方
  • MLMキャンプに興味がある方

MLMキャンプは以下のような方はお断りさせていただきます。

  • すでに現在、MLMをしている方(過去にしていたが、現在していない方は要相談となります。)
  • ネットワークコミュニティを利用した、ビジネス展開を考えている方(MLMとは関係ない商品の販売や勧誘など)
  • 反社会勢力の方
  • その他、MLMキャンプが不適合と判断した方

MLMで一緒に成功しましょう!

MLMで一緒に成功しよう
まだまだ人生はこれからですよ!
皆んなで人生を上昇させよう!

著名人もMLMを推奨

以前の日本は、女性が結婚や出産、育児でいったん退職すると、どんなに能力がある人でも再就職はパートからのスタートだったりしました。もう一度会社に復帰するのがすごく難しかったのです。

社会復帰
社会復帰
女性の社会復帰は容易ではなかった。

子育てが終わった女性たちが家計を支えるために、社会に復帰したときの受け皿として、化粧品や生命保険のセールスレディがあり、それらがMLMヘと変化し成長してきました。

その頃になると、再チャレンジ組の方がMLMで成功をするようになってきました。

再チャレンジ組というのは、会社を倒産させてしまったり、自己破産してクレジツトカードを停止されたりした人たちのことです。

この方達がMLMで復活してきました。日本では、一度失敗したら新たな資金を得ることも難しく、それですべてが終わりのような感じになります。そんな中、

  • 気持ちがある
  • 根性もある
  • 資金がない

という人たちに、大きな収入につなげられる可能性があったのが、少額な資金で始められるMLMでした。

MLM
MLM
MLMは失敗した人達にも大きな可能性がある

それを証明するかのように、現アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏も、もし自分が破産したらMLMをやるだろう、と言っているそうです。

「無一文から手っ取り早く資産を築くのであれば、私は急成長している優良MLMを見つけ出して、そこのディストリビューターを始めます」と答えたと言われています。

政治的な思想はわきに置くとして、MLMのビジネスモデルの優位性をズバリ見抜いているのです。

不動産でも、もちろん同じように権利的な収入を得る仕組みは可能です。しかし、不動産投資は最初にまとまった資本が必要ですし、リスクもそれなりに大きい(部屋が埋まらないなど)です。

ハイリスク
ハイリスク
不動産はMLMと同じ権利収入でもハイリスク

リスクとリターンを冷静に判断すれば、資産がない会社員や自営業者、主婦といった一般人が起業して、権利的な収入を目指すなら、MLMが最も費用対効果が高く、かつ安全(リスクがほぼありません)です。

最初から資産を持っている大富豪や小金持ちなら不動産投資から始めるのもありだと思います。でも、大半の人は大富豪はおろか、小金持ちでもありません。

その日、その日がなんとなく苦しい、という方が大半ではないでしょうか?その苦しさや、モヤモヤ感を払拭したい。そんなことから、起業をしたいと考え始める人もいるかもしれません。


苦しい
苦しい
生活が苦しくない人のほうがめずらしいのです。

でも、ほとんどの人が、「起業したいけど資金がない」という悩みを抱えます。あなただけではありません。多くの方が同じように悩んでいるのです。

起業したいけど資金がない」という方。MLMを一緒にやりましょう。少額な資金、低リスクで起業できて、巨万の富が築ける可能性のあるMLMは、

  • ドナルド・トランプ氏
  • ロバート・キヨサキ氏
  • ロバート・アレン氏
  • 船井幸雄氏

など、錚々たる著名人が推奨するビジネスモデルです。

MLMは違法ではありません。そして、MLMは高齢者でも出来るビジネス。

世界では急拡大し、日本では超高齢化社会を迎える。MLMが、再び日本で急拡大する可能性があります。

急拡大
急拡大
再び日本でMLMが急拡大する可能性大!

急拡大する前に、先に始めましょう。MLMキャンプはあなたのご参加をおまちしております。

人生を変えるにはMLMが一番

人生を変えるためには、多かれ少なかれ、以下のようなことを言われたり、思ったりしたことないですか?

人生を変えるには良い人と出会えるかが大事。あなたの人生を大きく変えるきっかけとなる人物とめぐり合えるようになりましょう。

仕事がきかっけでも良いですし、お金をかけて多くのセミナーに参加するのもそうです。

人生を変えるにはこれまでと同じことをやっていても無理なので、考え方や姿勢を変えることも重要となります。

自己啓発に興味のある人でしたら、セミナーなどにも積極的に参加したり、共通の趣味や同士が集まるオフ会などに参加をするのもおすすめです。

どこで人生のターニングポイントとなるかはわからないので、チャンスのためにどんどん動いていきましょう。

夢を実現させるためには自ら積極的に動く必要があるので、チャレンジ精神を持って積極的に行動してください。

人生を変えるにはそれくらいしなければいけないので、自由な時間がある人はこれまで以上に活動的になりましょう。

そうすることで、新しい出会いと気づきがあるかもしれません。

いつどこで素晴らしい出会いが待ち受けているか予測できないために、その素晴らしい出会いを必然とできるように、どんどんためになるセミナーやオフ会に参加をしていきましょう。


MLMには上記の要素がすべて網羅されています。

80代からMLMを始めて、今現在もMLMをバリバリやられている方がいます。

まさに生涯現役を地で行くような方です。人生を変えるには、まずは自らを変える必要があります。

  • あなたは今のままの人生に満足していますか?
  • 自分の人生にどこかあきらめをもっていませんか?

MLMキャンプには、成功を目指している方が多数います。努力できる方は、人の何倍もの努力をしていますし、主婦の傍にやられている方もいます。これが良く、これがダメなどということはありません。

この時代、成功を目指すにはいろいろなやり方やマインドがあると思います。あなたなりのやり方で、成功を一緒に目指していきましょう。

きっと出来る
きっと出来る
やり方は人それぞれ。人生を変えたい気持ちがあれば、きっと出来る!

ちょっとしたチャレンジ精神と勇気があれば、人生を変えるキッカケは掴めることができるはずです。ステキな出会いを見逃すことなく、チャレンジ精神と目標を持って人生を一緒に変えていきましょう。

人生は何事もチャレンジだと思うのです。


チャレンジこそ人生
チャレンジこそ人生
人生はチャレンジ。一緒にチャレンジしましょう。

MLMの特徴

MLMでは、仕組みの理解とマナー、そして何よりもメンタルが大切です。そして、MLMで本当に大成功(月収で最低100万)を収めたいと考えているなら、経営者としてのマインドは不可欠な要素だと考えています。

一般的な企業に勤めている能力はさして重要ではなく、また特別何か人より秀でた能力が必要でもありません。

経営者マインドは学校教育や一般的な企業に勤めている限りはなかなか身に付けるのは難しいですよね。学校の成績が優秀・サラリーマンとしては優秀(人から与えられた題材をこなすのは得意)でも、経営者としての感覚はなかなか実際に経営しない限り身につくものではありません。MLMも同じです。


ルールブック
MLMのルールとマナーを守ろう
まずは仕組みの理解とマナーが大事

MLMを始めるときによくある症例

MLMを始めてみようと思ったときに、以下の行動をする方が多いと思います。

  • ネットで調べる
  • youtubeで調べる(批判が多い)
  • 書籍で調べる
  • 知り合いに相談する(反対されることが多い)

私はMLMを始める際は、法律的に問題ないかを顧問先の会計事務所に調べてもらいまいした。当時、ほとんどの方と同じように、MLM≒ネズミ講?と思っていたからです。

怪しい
怪しい
私は騙されているのでは?

ご紹介遅れましたが、私はMLMキャンプの主催メンバーの一人の辻裕一と申します。東京の練馬区旭丘にて、不動産賃貸業、不動産管理業、占い事業をしております。

MLMキャンプのサイトは、MLMキャンプのメンバーの考えや想いを記載しており、必ずしも私だけの考えを記載しているわけではありません。MLMキャンプにはいろいろな方が参加しています。

年代も幅広ければ、職業もサラリーマン・自営業・会社経営者・主婦・フリーター・年金生活者などさまざまな方が参加しています。皆様のご参加お待ちしております。


色々な人
色々な人
色々な方が参加しています

MLMをまずは始めてみませんか?

MLMを始める際に、事前に調べることももちろん必要です。私も散々調べました。ただ、MLMを実際に始めてみないことには、MLMが何なのかはいくら調べても分かりません。

無理に引き止めたり、強引な勧誘などは致しません。まずは気軽に始めてみませんか?

MLMをやりながら、MLMに必要なマインドや仕組みを一緒に勉強していきましょう。また、日本では人からお金をもらう教育(立派なサラリーマンになる教育)は受けてきていますが、お金を自分で得る教育はほとんど受けてきていないと思います。

お金を得る教育
お金を得る教育
ビジネスオーナーとしてお金を得る教育

MLMを行うということは、ビジネスオーナーになるということです。ほとんどの人は過去にない経験だと思います。MLMキャンプで一緒に勉強・体験していきましょう。


MLMを学ぶ
MLMを学ぶ
MLMを学ぶことは、ビジネスオーナーを学ぶことと一緒

MLMを始める場合、オーナーサイドとして必要な教育を、企業(フォーエバーリビングプロダクツジャパン)やアップライン(いわゆるMLMキャンプのメンバー)が提供します。これをきちんと受けて学んでいきしょう。

あなたの成功がMLMでの成功なのです。

あなたの成功が私達の成功です。
あなたの成功が私達の成功です。
今すぐMLMキャンプに参加しよう!

MLMキャンプはあなたのMLMでの成功をできる限り応援いたします。MLMで一緒に成功しましょう!
MLMキャンプ一同より

MLMという業界はない

MLMという業界はありません。MLM(マルチ・レベル・マーケティング)というのは、業界ではなく販売形態です。

勘違いされている方が多いのですが、MLMという業界はありません。

MLM、いわゆるマルチ・レベル・マーケティングというのは、販売形態であり、マルチ・レベル・マーケティングをビジネスにしている企業はありません。

販売形態
販売形態
MLM(マルチ・レベル・マーケティング)は販売形態の一種。

あなたのお勤め先がこれからはMLM(マルチ・レベル・マーケティング)で商品を売っていく、ということもあり得ます。

なぜなら、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)は販売手法の一つだから。

あなたの会社が例えばお水を販売していたとして、そのお水をインターネットで販売しても、あなたの会社はネット業界ではなく、あくまでも水の業界ですよね。

それと同じです。水の販売を、

  • 店舗を持って販売していくのか
  • 社員を雇用して販売していくのか
  • インターネット経由で販売していくのか
  • MLM(マルチ・レベル・マーケティング)で販売していくのか

といった次元の話です。何かMLMという大きな業界や業種があるというわけではないのです。



なぜ企業はMLM(マルチ・レベル・マーケティング)という販売形態を採用するのか?

MLM(マルチ・レベル・マーケティング)を販売形態として、企業が選ぶ理由は、それぞれ企業ごとに様々な理由はあるのだと思いますが、大きな理由はリスクが少ないから、ではないかとMLM・キャンプでは考えています。

リスク
リスク
リスクが少ない

企業側から見た場合、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)という販売形態はリスクが少ないのです。特に起業したばかりの会社の場合、潤沢な資金があるというのは稀です。

少ない資金の中でも、人を雇った場合、売上がなくても毎月の給料の支払いをしなくてはなりません。

せっかく商品が売れだしてきたのに、資金がショートする。珍しいことではありません。

次に、売りたい商品を世間様に知っていただく必要があります。

そう!広告費がかかります。CMに出す。チラシを作る。商品がまだ一つも売れていないのに、かなり大きな出費です。そして、広告にお金をかけた分だけ、実際に商品が売れる保証はありません。

なんとか広告のおかげで、それに商品も売れだしてきた。ホット一息。でも、さらなる課題が・・。そう。社員の教育です。

まず、社員の教育についてですが、販売の仕方や商品への理解など、教育コストがかかります。

採用・教育
採用・教育
社員を採用し、教育するにもコストがかかる

新入社員がいきなりバンバン商品を売ってくるってことは、普通あまりないですよね。

でも、1円の売り上げを上げてなくても、社員である以上、ある程度の給料は払わないといけません。

そして、せっかくそれなりの戦力になる社員になったとしても、辞められたらまた採用し一から教育し・・。簡単にまとめると、売上がない状態でも、

  • 商品の広告
  • 社員の採用
  • 社員の教育コスト

など、先にお金が出ることが多いのです。資金繰りが厳しくなり、会計上は黒字でも倒産する、いわゆる黒字倒産も起きやすくなってきます。

黒字倒産
黒字倒産
会計上は黒字、これからという時に資金がショート。



MLM(マルチ・レベル・マーケティング)の販売形態にしたらどうなるか?

MLM(マルチ・レベル・マーケティング)の販売形態は、商品の広告をしません。そして、商品を販売するための社員も基本雇いません。

何をするのかというと、商品の愛用者に販売もお願いするのです。そして、販売員としての教育すらも基本的にお願いするのです。

商品を愛用し販売してくれる方達を一般的にディストリビューターと言います。上で紹介した、

  • 商品の広告
  • 社員(販売員)の採用
  • 社員(販売員)の教育コスト

これをクリアーしているのです。そうなると、キャッシュフローが安定しやすくなるのです。

キャッシュフロー
キャッシュフロー
MLM(マルチ・レベル・マーケティング)の販売形態はキャッシュフローが安定しやすい

MLM(マルチ・レベル・マーケティング)は先行投資をしない代わりに、結果を出してくれた人には、多額の報酬を与えるという仕組みなのです。

結果を出してくれた人というのは、その方を通して商品をたくさん流通してくれた人のことです。

たくさの商品を流通するためには、たくさんの販売員兼商品の愛用者を抱え、その方達を教育し、販売活動をし続ける、商品を愛用し続けてもらう、ということをどれだけ出来るかということです。

本来であれば、企業がするべき教育や商品の広告を、代わりにしてもらい、さらにお金は結果が出たインセンティブに対して支払うので、どんなに長時間活動しても結果が出なければ、1円のお金も支払わなくていいのです。(これが社員なら残業代なども出さないといけません。)

いわゆるフルコミッションに近く、さらには販売員のリクルートやその教育、商品の愛用者でもあり商品の広告もしてもらう、というのは企業側からしてみたら、かなりおいしい制度なのです。

でも、ディストリビューターとしては、何の保証もないし、長時間働いていも1円のお金にもなりません。なので、その分ちゃんとした結果を出す人には、ちゃんとお金を払うのです。

これが普通の企業であれば、たとえあなたが人の2~3倍仕事が出来たとしても、給料が2~3倍にはならないのではないでしょうか?

でも、結果を出せない時でも、勤め続けていれば、それなりの給料と社会保険や雇用保険などはありますよね。安定や保証の代わりに、労働に対する対価というのを企業は低く抑えるのです。だって、これをしないと先行投資や広告が出来ないから。

それに比べて、MLMの販売形態は、企業が本来すべきことを代わりにやり、その上何の保証もなく、お金は成果に対してのみ。

その代わり、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)での成功は、報酬が普通のサラリーマンでは稼げないような額になるのです。

MLM(マルチ・レベル・マーケティング)
MLM(マルチ・レベル・マーケティング)
大きな収入になる可能性があります。

そんなMLMを一緒にやりませんか?あなたのご参加お待ちしております。

MLMなら少額の資金で起業できる

今の若い人が最小限のリスクで何かビジネスを始めようと思ったときに、真っ先に思い浮かぶのはネット(インターネット)ビジネスではないでしょうか?

アフィリエイトを筆頭として、確かにパソコン一台あれば、ビジネスをスタート出来ますよね。でも、このネットビジネスは今や完全にレッドオーシャンを迎えていると言ってもいいでしょう。

インターネットビジネス
インターネットビジネス
確かに世界を市場にすることも出来るが・・

よほどのやる気や覚悟がなければ、ネットビジネスで人並に稼ぐのは難しいのが現状です。

成功者しか表にでないので、一見誰でも簡単に稼げるという錯覚を抱きがちですが、その成功者の裏には無数の失敗者がいるのです。

食えない
食えない
ネットビジネスでは食えない人がほとんど

そんなの嘘だ!夢を壊さないでくれー。俺は秒速で億を稼ぎたいんだー、という方。1年間ほど試しにやってみるのもいいかもしれません。

成功する確率は0ではないですし、ネットビジネスで成功したら、サラリーマンでは到底稼げないような金額を稼げるでしょう。

巨万の富
巨万の富
ネットビジネスで成功したら巨万の富が・・

ただ、ほとんど方は無理だと思います。でも、何かしたい!そう思われる方もいますよね。

そんな方はネット(インターネット)ビジネス同様に、リスク最低限のMLMがいいと思います。

確かに、MLMもネット(インターネット)ビジネス同様に、簡単に稼げるものではありません。

ただ、若い人にとってはビジネスの勉強にもなり、MLMは日本の若い人の間では、あまり流行っていない?と思われるので、逆にチャンスです。

ビジネスチャンス
ビジネスチャンス
MLMはビジネスチャンス!

MLMはウィルスマーケティング

近年、ウィルスマーケティングというものが注目されています。そして、ウィルスマーケティングはMLMそのものです。

現在、日本のCMは15秒が原則になっています。この短い時間で、商品の詳細な説明をすることは厳しいものがあります。

そうなると、有名タレントの起用などによるブランド力の向上や、商品名の連呼などによる商品の周知に、どうしてもCMの内容が偏ってしまうという現状があります。

(ちなみに、外国のCMは30秒や60秒、あるいはそれ以上の長さで、商品の詳細な説明をしたり、商品を使うことによる効用などを訴えるものが多いそうです。)

商品の良さを伝えるには、説明の説明をしっかり行う必要がある商品の場合、CMではなかなか厳しいという現実があります。

そして、消費者のほうもそのような有名人を使ったCMなどに慣れてきており、○○人が使っているから使うという風には、昔のようにいかなくなってきているそうです。

また、有名人の方がCMで商品を勧めているのは、莫大な収入を受け取っているからであり(本当に商品をいいと思っている方ももちろんいるとは思います)、そういうことも消費者は全て知っています。

CMを流したからといって、商品が簡単に売れる時代ではなくなってきているそうです。

購入
購入
CM=購入という簡単な図式にはならない

多くの企業がCMへの出資に頭を悩ませているとも言われています。そんな中、心のマーケティングというものが注目されています。

心のマーケティング
心のマーケティング
心のマーケティングが注目されています。



心のマーケティングとは

心のマーケティングとは、顧客との関係を創造することが売上げにつながる、という考え方です。

莫大な広告費を投じて、1,000人に1回商品を購入してもらうよりも、10名に生涯を通じて、100回商品を購入してもらうほうが、企業としては安定するという考え方です。

この心のマーケティングはMLMに通ずるものがあると考えられています。

そして心のマーケティングの手法がさらに進化したものが、ウィルスマーケティングとも言われています。

ちなみに、ここで言うウィルスが広めるのは疫病ではなく商品への信頼です。

ウィルスというとネガティブなイメージありますが、ここでのウィルスは商品への信頼を広めるという意味です。

ウィルス
ウィルス
ここでのウィルスは商品への信頼を広めるという意味で、菌などのネガティブなイメージのものではありません。

ウィルス・マーケティングとは、心のマーケティングでお客様との関係を創りだし、心を許してもらって商品の媒介者になってもらい、お客様が次々とリレーのように商品を周りの人々に伝えるというものです。

これって、まさにMLMそのものです。

現在、マスマーケティングにおいても、顧客を起点に周りの人々に商品を伝えていく、ウィルス・マーケティングという段階にきているのです。

MLMはネズミ講という誤解もある中、実は時代を先取りしていたということなのです。

MLM
MLM
MLMは時代を先取りしていた

MLMキャンプでは、そんなMLMを一緒にしてくれる方を募集中です。あなたのご参加お待ちしております。

MLMは進化している

昔は、会社と会員のウィンウィンの関係で、会員にとってもメリットがあるというものでした。

現代は、会社と会員(アップ)と会員(ダウン)の3者にメリットがあるという仕組みに進化しています。

現代はウィンウィンの関係が会社とだけではなく、会員同士のアップラインとダウンラインでもウィンウィンになってきています。

ウィンウィンウィン
ウィンウィンウィン
ウィンウィンが進化し、ウィンウィンウィンに・・

なぜか?
アップラインとダウンラインの中で、

など、いろいろな立場を超えて、一つのグループとして協力し合うようになってきているからです。

例えば、若者は人脈と経験がない場合が多いので、組織(ネットワーク)を作るのにかなりの努力が必要です。

そもそも、若者の場合は同年齢の知り合いの場合、働き盛りや子育て中などで、忙しくて話しをまともに聞いてもらえないことも少なくありません。

また、年配の方はスマホやPC操作が苦手な方が多いです。

そんな時、年配の人は経験や人脈があるので説明を手助けしたり、若者はPCなどで資料を作成するなど、役割・作業を分担することによって、ウィンウィンになったと言われており、実際にMLMキャンプでもそのようになっています。

実はこの仕組みは日本のMLMの最先端で、それは世界を救うかもしれないとも言われています。

世界を救う
世界を救う
MLMは世界を救う?

そんな世界を救うかもしれないMLMを一緒にしてみませんか?

副業としても始めることは可能です。ご参加お待ちしております。

ラインが違う場合はどうなのか?

昔は同じ商品を販売していても、ラインが違うと別の会社の人という扱いがありました。

自分のラインの中でのサポートはしても、他のラインは自分の利益には関係ないので無関心というか、サポートをしませんでした。

最近の会社の中には、ラインを超えて応援する仕組みのある会社も出てきおり、MLMキャンプが行っているアロエベラのはそんな会社の1つです。

ラインを超える仕組みでは、資格を取り一定レベルになると、他のラインの説明会やセミナーに講師として参加します。

そのときに、会社側や主催者側が講師料や交通費を支払うケースが多いようです。

最近では、プレゼンやクロージングをして、その場で契約が決まると1件にいくらと決まっていて、金額×人数分をもらえる仕組みに発展している会社もあるそうです。これが系列を超えた応援です。

MLMは、ウィンウィンからウィンウィンウィンに変わってきている現状があります。

そして、ウィンウィンウィンの関係はラインを超えて、いろいろな能力のある老若男女がそれぞれのできることで支える仕組みによって、コミュニティとして進化しているのです。

コミュニティ
コミュニティ
MLMはコミュニティとして進化している。

現代希薄化しているコミュニティとして支え合う環境があるのが、今の日本のMLMの最大の特徴であり現状です。

そして、MLMは、170ヵ国以上で展開されており、2015年の売上高は、1837億7290万ドルを超える巨大流通業のビジネスであるというのが現状です。

巨大流通
巨大流通
MLM・ネットワークは巨大流通

日本ではいまだにマルチだ、ネズミ講だと言われていますが、世界的に見ればそんなことを言っている人は、時代に取り残された古い考え方です。

MLMは世間の非常識(法律的にはなんの問題もありません)から常識にシフトしつつあります。

常識
常識
MLMは常識になりつつあります。

常識になってから始めるよりも、まだかろうじて非常識である今から始めたほうが成功しやすいです。一緒にMLMをやりましょう。

  1. ホーム